骨格ストレート似合うネックラインは?選び方でオフショルもハイネックもOK

SPONSORED LINK







私は骨格ストレートと知ってから、とにかくデコルテ部分は少しでも開いているものだ!Vネックばかりを集めていた時代があります。

今思うと、一辺倒すぎて恥ずかしい。

また、首が詰まっている服は着られないと思っている方もいらっしゃることを知り、骨格ストレートさんのネックラインについて書こうと思いました。

結論から言うとTHE骨格ストレート体型な私の経験上、工夫すれば大体のネックラインは取り入れられます。

よかったら最後までお付き合いくださいね。

骨格ストレートに似合うネックラインとは

立体的で胸に厚みのある骨格ストレートさんは、首元をスッキリさせるとスタイルアップするとされています。

装飾はないか、あっても控えめステキに見えるポイントですね。

骨格診断の教科書通りにいくと似合うネックラインは6つ。

  1. ラウンドネック(首元がつまりすぎていないもの)
  2. Uネック
  3. ボートネック
  4. Vネック
  5. スクエアネック
  6. ハイネック

文字ではイメージがわかない方もいるかと思い、簡単なイラストにしてみました。

同じ骨格ストレートでも上半身の厚みや立体感の強さには個人差があるし、お顔の雰囲気でも似合うネックラインは変わってきます。

あかり
私は面長なので、お顔の輪郭からするとVネックはそんなに得意ではないけれど、違和感を感じません。

Uネックは顔が間延びするように感じるのと、あまり興味が無いので持っていないです。

似合うと言われるネックラインでも個人差があるので、ご自身でチェックしてみてくださいね。

チェックするときは、お顔と上半身だけを見がちですが、全身のバランスとしてどうかをチェックするのも大切です。

首の開きが少ないトップスは着こなしで乗り切る

首が詰まっているトップスを持っているんだけれど、骨格ストレートだからもう着れない?と思う方もいらっしゃると思います。

そんな時、よくアドバイスされるのがネックレスで縦線を作る

見え方が変わりますよね。

このネックレス気に入ってたのですが、サビてしまったので新しいネックレスを検討中です。

これを買おうか悩み中。
長さ調節ができるので、自分のベストバランスの長さを探るのにもいいなと思いました。


ダブルリングデザインロングネックレス

クルーネックのカーディガンだったら、ボタンを全部留めない。

ボタンをすべて留めたのと、一つ外しただけでこんなに見え方が変わります。

こちらの写真は首元を留めていますが、骨格ストレートさんだったら1番下のボタンに加えて、首元1~2個ボタンをあけるだけで見え方は変わります。(厳密に言うと袖もまくっていますね)

クルーネックのカーディガンだったら袖を通さずに肩掛けという着方もいいです。

カーディガンについて詳しくはこちらに書いています>>>【骨格診断ストレート】似合うカーディガンについて考えたこと

オフショルダーも取り入れられる

骨格ストレートの本を見ると、オフショルダーは×と書いてあるんです。

確かに難しいアイテムだと思うのですが、×=絶対ダメではないと私は思います。

オフショルとTIVC

オフショルで、さらには苦手とされるフリルが付いているトップス。

このオフショルトップスを着られた理由を私はこのように分析しました。

  • テロテロ素材だけどストンと落ち感がある
  • ストライプ柄でスッキリ見え
  • 肩を見せすぎない(二の腕の太い部分は隠している)
  • この位置フリルは体のボリュームをさほど大きく見せることはなかった

骨格ストレートの友人もオフショルを着て、そんなに違和感がなかったので、選び方次第で取り入れられると私は感じています。

あかり
昔の私は、骨格ストレートの似合うにとらわれすぎて、似合う物から少しでも外れる服は、私には似合うわけがないとチャレンジすることはありませんでした。

でもダメ元で試着してみると、コレ私でも大丈夫だ!という1着に出会えます。

好きで気になるアイテムなら試着した方がいいですね。

例えば、ドロップショルダーでも、デザイン、素材、色が違えば似合うこともあるので、1回試着しただけで、やっぱり似合わなかったと諦めるのは、かなりもったいないです。

ハイネックは首元が開いていないのにどうして似合うの?

先日、ツイートとインスタにハイネックについて調査したことをあげました。

この投稿に対して、

ハイネック好きだけどダメだと思っていた

私もどうして似合うのか謎でした」という声を頂きました。

同じように感じている方がいたと思うと調べて良かったな~と嬉しかったです。

写真で着ているのはGUのスムースTです。(生地に上品なツヤがあり、カジュアル、きれいめ共にいける優れもの)

GUでの購入品とコーデはこちら>>>GUで骨格ストレートの私が気になるアイテム・試着・購入品紹介2019

プチハイネックやハイネックはここ1,2年トレンドでよくショップで見かけるので、見つけやすいアイテムですね。

タートルネックも、似合うアイテムではないけれど、首をすべて覆わないで首を見せることで似合わせできます。

更にロングネックレスをしたら縦線もできてよりスタイルアップできますね。

ハイネックは着てみたけど、似合わないという方。

似合わない理由や、どうしたら着こなせるかを考えてみるのも、いいトレーニングになります。

例えば

  • 髪が長くて首元が全て隠れていませんか?→まとめ髪にしたら似合うかもしれない。
  • ただそのまま着ただけではないですか?→トップスの裾をタックインしてみたり、袖をまくる、袖を折るなど着かた(スタイリング)の工夫をしてみるとぐっとステキに見えることもあります。

参考まで冬のハイネックニットの着かた。

裾と袖口を折って着ています。(私は左は買おうとならないけれど、右なら買おうと思えます。)

着かたを考えず、ただ着ただけで判断すると、似合うと思う服の幅が狭くなることを実感しています。

骨格ストレート似合うネックラインについてでした!

骨格ストレートさんに似合うネックラインについてご紹介しました。

似合わないと言われるアイテムも、選び方着かたの工夫をすれば許容範囲で取り入れられることは多い。

これはネックラインに限ったことではなく、全てのアイテムにおいて言えるんですよね。

好きだけど似合わないアイテムは諦めないで、探してみて欲しいな~とこれまでの経験を通じて思います。

その方がおしゃれが楽しくなりますし♪

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

合わせて読みたい
骨格ストレートさんは二の腕は隠した方がいいと言われますが、ノースリーブでいさぎよく出しちゃうと縦ライン(Iライン効果)でスッキリ見えますね>>>【骨格ストレート】ノースリーブを似合わせて着るには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です