【骨格診断ストレート】似合うカーディガンについて考えたこと

SPONSORED LINK







2019年春バージョンで修正・追記をしています。

カーディガンは大好きなファッションアイテムの一つです。

でも、 きちんと選ばないと、肩が丸くなって猫背に見えたり、ムチムチしたり上半身が太って見えるアイテムでもありますね。

この記事では骨格診断ストレートさんに似合うカーディガンについて、書いています。

よかったら最後までお付き合いください。

似合うカーディガンのポイント

では早速、似合うカーディガンの基本を見ていきましょう!

  • 首元はスッキリ(Vネック、Uネック、ボートネック)
  • ハイゲージ(凸凹、ざっくりしていないもの)
  • 透け感のないもの
  • ジャストサイズ
  • 肩は落ちていないもの
  • 丈は短すぎないベーシック、ひざ丈、太ももの中間くらい(身長などの考慮も必要)


ざっとこんな感じかな。

基本的にベーシックなものが似合うという認識です。

苦手な物と言えばドロップショルダーやドルマンスリーブ。

この2つは似合わせで取り入れることが可能です。

ドロップショルダーを取り入れたい方はこちらを参考にしてみてください>>>【骨格ストレート】太って見える!?ドロップショルダー選びのポイント

ドルマンスリーブを取り入れたい方はこちらを参考にしてみてください>>>【骨格診断ストレート】ドルマンスリーブの似合わせ

骨格ストレートさんに似合うカーディガンを探してみました!

ここからは、実際に似合うカーディガンを見ていきましょう。

毎回、スカート、コート、ワンピースなどいろいろなアイテムを探していますが、ストレート向けを選ぶのって本当に難しいなと思っています。

Vネックカーディガン


ROPE’ PICNIC テレコVネックトップスカーディガン

骨格ストレートさんなら1着は持っていたいアイテム。

ボタンを全部留めて、ボトムスにインする着こなしはトレンド感がでますね。

ロングカーディガン


INDIVI リルファーフライス カーディガン
セットインスリーブのロングカーディガンを探すのは本当に大変です。

1時間以上ネットで探して、この1着しか私は見つけられませんでした。

ベルト付きなので後ろで結んで縦ラインを強調してもいいし、ベルトなしで着てもストンとして良さそうです。

私はこのくらいの丈がちょうどよくて好きなのですが、もっと長い膝あたりまでのロングになると、正面から見た時はIラインができて素敵に見えます。

ただ、横から見た時、お尻がポコッと出てラインが美しくないので、長すぎるロングカーデは着なくなりました。

これは人それぞれストレートの度合にもよるのかな?と感じています。

クルーネックはどう着るの?

私は、クルーネックも持っています。

クルーネックの場合は全てボタンを留めて着るとストレートさんは首が詰まって見えてしまいますね。

ROSSO アーバンリサーチロッソ クルーネックカーディガン

着かたとしては、写真上のように袖を通さずに着るとスッキリおしゃれ見えします。

中に着るアイテムもクルーネックの時は、ロングネックレスで縦のラインを作ると◎

ViS 【シルク混】色々釦クルーネックカーディガン

ボタンを留める時は、上のボタンは2個くらい留めずに、首回りが詰まらないように着ると◎

一番下のボタンもあけるとよりスッキリします。

全部留めて着た時と、下を一つあけた時の比較。

下のボタンだけでもこんなに見え方は違います。

ボタンを留めていないほうは、若干袖もまくって抜け感を出し、おしゃれに見える演出をしています。

ちょっとの工夫で見え方が変わるので、やっぱり着かたはあなどれない。

骨格ストレートだからと言って 、ベーシックアイテムを選んで、ただ着ただけではおしゃれにはならないという事を痛感しています。エリの立て方、袖のまくり方など服の着かたの工夫がおしゃれにつながるんですね。

トレンドのリブカーディガン

トレンドのリブ。

オシャレ見えするので、取り入れてみたい!
でもリブは骨格ストレートさんにはNGアイテムってなっているから着ていなという方も多いのではないでしょうか。

触った時になるべく凸凹していないもの
ハイゲージ
リブの幅は細~中間くらい

選び方を工夫すれば取り入れることも可能です。

qualite ワイドリブカーディガン
あまりデコボコしていない手で触った時に差がないものがいいですね。

こんな感じです。

リブの幅は太い細いにかかわらず、デコボコが激しくないもので、試着してピタッとしすぎなければ着れます。

私も3着リブのトップスを持っています。

似合うカーディガンを探してみた感想

基本丈のカーディガンだったらUNIQLO、GU、NATURAL BEAUTY BASICなど、比較的どこでもあります。

ロングカーディガンだと、Theory、INDIVI、UNTITLEDあたりも見つかりやすいかなという印象で探したのですが、今回は見つからなかったですね。

ただ、骨格ストレートさんに100%ピッタリのカーディガンを探すと難しいですが、似合わせで考えると選べる幅が広がるなと感じていました。

胸が大きな方はoverEのカーディガンがおすすめです!ボタンを留めて着ることができて感動しますよ♪

追記:カーディガンを着て検証してみました!

似合うカーディガンを選んだとは言え、もっさり感がぬぐえないのはなぜか?と何年も思いながら、カーディガンを愛用していました。

カットソー素材のジャケットと比較してみました。

カーディガンもジャケットも柔らかい素材ですが、見え方は違いますね。

カーディガンを羽織ってできるIラインはどんな形でもスッキリ見えするわけではなさそうです。

カーディガンでも、トッパーカーディガンはジャケットに近い形になりますね。

ただ、トッパーカーディガンの形は好みがあると思います。

私は、以前着ていたのですが今あまりトッパーの気分ではないですよね…困った。

また、肩掛けの検証もしてみました。

肩掛けは肩回りと二の腕のむっちり感がなくなります。

身幅も肩掛けの方がスッキリ見えますね。

カーディガンは袖を通さないで肩掛けにするのが1番ステキに着こなせると思っていたのですが、写真に撮って検証してもその通りでした。

カーディガンの丈はどれくらいがいい?

カーディガンの丈についても比べてみました。

普通丈よりも長い方がスッキリ見えるように感じます。

これは、Iラインに見えるの長さの違いかな。

長い方が縦の長さを強調できるのでスッキリ見えします。

あかり
カーディガンだけで考えるとやぼったさを気にしてしまいがちです。

コーディネートとして全身を見た時に、バランスを取る考え方も有効だと感じています。

首にスカーフを巻く、帽子をかぶる、バッグを差し色にするなどポイントを作り視線をそらすのもありですよね。

骨格診断ストレートさんに似合うカーディガンは着かたと似合わせでおしゃれに!

未だに肩掛けをして着るしか納得のいく着方がないカーディガン。

とはいえ、着ないわけにはいかないので、普通に着ていますが、すこしでも良く見えるカーディガンを探しておしゃれを楽しみたいですね。

着かたや似合わせを考えて選ぶようになるとおしゃれ度が断然アップします。

トレンドよりも着やせを重視する方は骨格診断の教科書通りでOK!

今っぽさも取り入れたい方は、自分の体型の特徴(ストレートだけど、厚みはない、首は短くない、低身長、高身長など)をよく知り、上手に取り入れる練習をすることが大切かなと感じています。

アイテム別に骨格ストレートさんに似合うものについて書いています。
よかったら「骨格ストレートの基本カテゴリー」もご覧くださいね>>>骨格ストレートの基本カテゴリーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です