【骨格ストレート】太って見える!ドロップショルダー選びのポイント

SPONSORED LINK







ドロップショルダーは基本的に、骨格診断ストレートさんにはNGアイテムとされています。

しかし、残念なことに店頭にはドロップショルダーしか並んでいなくて、何を選んでいいかわからないと嘆いている人いませんか?

真矢ミキさんばりに「あきらめないで!」と言いたい(;^ω^)

というよりも、私はつい最近まであきらめていた側でした。

きっかけは骨格ストレートの同僚がドロップショルダーをキレイに着こなしていたから。

ポイントを押さえれば着れないこともないと実感したので、今回はドロップショルダーをテーマに書きます。

太って見える?似合わない?骨格ストレートとドロップショルダー

骨格診断ストレートと知ってから頭を悩ませてきたドロップショルダー。

もともとガッシリしている上半身がさらにデカく見える(特に肩回り)

ということで本当に避けて通ってきました。

写真みたいに横から見た時も、胸から斜め前に落ちていきます。

本来の体のラインではないので太って見える!

破壊力が半端ないです・・・。

姿勢を良くしていても、肩が丸く見えて、かつ背中も丸く見えるんですよね。

後ろから見ると、肩が内側に入り猫背のように見えてしまうことも。

しかし!ショップをのぞけば、どこもかしこもドロップショルダーばかり。

本当にカットソーからコートまでおかしなくらいドロップショルダー。

気が遠くなります…。

そんな時に、太って見えないドロップショルダーに出会い購入しました。

骨格ストレートの私でも着れたドロップショルダーのニット

私が出会ったドロップショルダーのニットはGUです。

GU Vネックセーター(長袖)ライトパープル

パーソナルカラーサマーさんにもピッタリなライトパープル。

サイドスリットと、前身頃と後ろ身頃の長さが違うのも好みです。

試着した時、前・横・後ろからチェックして全く気になりませんでした。

私はLサイズを購入したのですが、身幅も大きすぎず小さすぎずジャストです。

少し毛玉ができそうな素材ではありますが、毛玉取りがあれば、お値段もお値段なので許容範囲。

いいお買い物ができました。

意外な所にしかもプチプラで発見することができてうれしいです!

では、どんなタイプのドロップショルダーを選べばいいの?と疑問に思っているあなたへ、ちょっとしたポイントをお伝えします。

太って見えないドロップショルダーを選ぶポイント

私なりに感じているドロップショルダーを選ぶポイントは4つ

  1. きれいめなドロップショルダー
  2. 似合う素材
  3. ちょうどいいサイズ感(胸の上あたりが浮かない)
  4. がっつり肩が落ちている

きれいめなドロップショルダー

https://www.gu-japan.com/

GU Vネックセーター(長袖)

肩が落ちる分、身幅が大きくなりダボついてしまうのが太って見える原因のひとつ。

ハイゲージできれいめ、肩回りがすっきり見えるドロップショルダーを選ぶと着太りを防げます。

似合う素材

ストレートさんにとって、太って見えないようにするには、服を着た時に肉感を抑えることが大切です。

ハリがある、やや厚手の素材など、肉感を拾わないコットン、ウール素材などを選ぶと太って見えないですよ。

ちょうどいいサイズ感(胸の上あたりが浮かない)

ドロップショルダーはどうしてもビッグシルエットになりがちなアイテムです。

サイズ感はこだわって選びたいですね。

ゆるっとし過ぎるとだらしなく見えてしまうことも。

身幅や袖の幅が太すぎず、ちょうどよいサイズ感を選びましょう。

また、胸の上デコルテあたりの生地が浮かないことも大切

ニットはフィットすることが多のですが、シャツは浮いてしまう事もあるので試着時にチェックしてみるといいですよ♪

骨格ストレートさんはワンサイズ落とすとちょうどいいことが多いです。

がっつり肩が落ちている

ドロップショルダーと言っても、肩の落ち具合はアイテムによって違います。

少し落ちている控えめできれいなアイテムも似合いやすいですが、逆にがっつり肩が落ちているアイテムも似合いやすいです。

腕の付け根と肘の中間よりも下(肘寄り)のドロップショルダーだと大丈夫なことが多いです。

ドロップショルダーを選ぶときも、スッキリとしたきれいめを選ぶというイメージですね。

身幅や袖幅が太すぎないきれいめ素材を選ぶとGOOD

太って見える?似合わない?ドロップショルダーを攻略してもっとおしゃれに!

今回は初めてお気に入りと思えるニットに出会えたのでそのポイントなどを紹介しました。

ドロップショルダーもポイントを押さえて選べば怖くない!

ドロップショルダーは100%似合うアイテムではないけれど、トレンド感がでるアイテムです。

ドロップショルダーなど似合う度が低めのアイテムをトップスにもってきた時、ボトムスは似合うアイテムでバランスを取るのもお忘れなく

上手に取り入れておしゃれを楽しみたいですね。


こちらの記事もおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です