【骨格ストレート】ドルマンスリーブを似合わせるには?

広告

私の手持ちアイテムにドルマンスリーブのお気に入りカーディガンがあります。
8年前くらいに購入したのに、全然くたびれないし、まだまだ活躍してくれそうな1着です。
骨格診断を知る前に購入したので、100%似合うアイテムではないけれど、気にならずに着れているのはなんでかな?と思い色々と調べてみました。

ドルマンスリーブとは


肩回りはゆったりと太く、袖先に向かって細くすぼんでいく袖の形の事をいいます。
トルコの民族衣装「ドルマン」が名前の由来だそうです。選び方を間違えると骨格診断ストレートさんは、もさっと太って見えてしまいます。

 

お気に入りのドルマンカーディガン


これが8年ほど愛用しているドルマンスリーブのカーディガンです。Q♡で購入しました。
レーヨン100%で春~秋口と1年通してもなが~く着られる便利アイテム。前から見ても、横から見ても特に気になるところはないです。
腕を横に開いた時にドルマンスリーブだとわかるくらいかなと思っています。

どうしてこのドルマンカーディガンが大丈夫なのか私なりに考えてみました。

  • 落ち感のある素材
  • ハイゲージ
  • 似合う色
  • 濃い色
  • 透け感がない

この5つかな。

どれも、プロの方のブログにて得た知識ですが(^^;)
確かに似合うポイントになっていると実感しています。
このカーディガンを購入した時はこの似合わせポイントは全く知らなかったけれど、我ながらいい買い物をしたと思いました。

骨格ストレートさんが落ち感のある素材を着る時は、濃い目の似合う色がいいそうですよ。
私が着ているのはカーディガンですが、テロテロ、とろみ素材と言われているものも、取り入れたい時は色は濃いめの方が良いそうです。

ドルマンスリーブ×ドロップショルダーはNG


骨格診断ストレートさんが、もっとも気を付けなければいけないのは、写真のようなドルマンスリーブ×ドロップショルダーなのだそう。
これは破壊力高そう・・・。
写真のグレーだと透け感もあるのでなかなかの、似合わないっぷりを発揮しそうです。

ちなみにドロップショルダーについては以前のブログ「ドロップショルダー選びの3つのポイント」に書いているので、よかったらご覧ください。

 

選ぶときはドルマンスリーブだけ


Techichi TERRASSE ドルマンVネック2WAYカーデ
ドロップショルダーはなくて、ドルマンだけの写真のようなキレイめニットなら似合わせで着れそうです。おまけにVネックなので、すっきり着られそうですね。

こちらのニットはグレーも透け感がなくて着てみたいかも~。2wayということで、前と後ろ逆にしても着られるようです。

 

おわりに

Pexels / Pixabay

いかがでしたか?
今回は、ドルマンスリーブの選び方について考えてみました。
ファッションはトレンドがあるので、骨格診断ストレートさんに100%ピッタリ!というアイテムを見つけるのはなかなか難しいです。
そんな中でも似合わせポイントを知って賢くお買い物をしたいものですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です