【骨格ストレート】似合うワイドパンツとトップスのイン、アウト比較

広告

 

おととし購入したウールのワイドパンツ。

今の時期履くのにちょうどよいのですが、今年は1度しか履いていないです。

やっぱり難しいんですよね・・・。

ということで、その謎を解明すべく研究してみました。

 

ワイドパンツをインした場合

まず、コーディネート情報

トップス:GUウールブレンドタートルセーター

ボトムス:Natural Beauty Basic ストライプワイドパンツ(2015年秋冬購入)

ワイドパンツを購入した時のブログ記事はこちら

インして着た時の前と横からです。

 

 

 

 

 

 

 

先に言っておきます!

パンツの裾あたりのシワは見なかったことにしてくださいませ( *´艸`)

写真を撮って改めてビックリしました(笑)

私ってこんなにドスンとした寸胴体系だったのか!?と。

ちなみに、インの仕方として、おへそあたりからサイドにかけて出す分量を多めにしていく感じだとこなれ感がでそうです。今回はマジメにインしてしまいました(汗)

ワイドパンツは、ウールでタックなし、センタープレスを選んでいます。骨格ストレートさんに、似合うとされているポイントを押さえたつもりです。購入した一昨年の冬は週に1,2回はトップスをインせずに着ていました。

改めて私が気になったポイントは

・全体的に長方形でメリハリのないシルエット

・骨盤回りのもっさり感

・横から見た時のお尻

なんとなく、お腹が出ている人、太っている人感が強調されててしまうのが悩みです。

全体的にボリューミー。トップスはジャストサイズのVネックニットが良かったかも。

 

ワイドパンツ+イン、アウトした場合の比較

では、インしないで着た場合はどうなのかと思い、比較してみました。

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

私はアウトの方が気になる部分が隠されて安心です。

しかし、インした方が確かに足が長く見える!

スッキリ見えるような気が・・・。

ただ、骨盤回りがどうしても私としては気になってしまいます。

出先で、鏡を見た時に、すごいボリューミー(;゚Д゚)

と驚愕してしまうのでワイドパンツはひとまず封印しています。

 

ということで、すべてを一つにして比べるとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

もはや悩み過ぎて何が何だかわからない状態です。

悩んだり、着ていてネガティブポイントがある服は楽しくないので、私は無理して着ないようにしています。

それでもワイドパンツは好きなアイテムのうちの一つ。

いいのがあれば・・・と思うのですが、春の新作を見てもタック入りばかりで、骨格ストレートさんには更に難易度が上がっているように感じます。

職場の骨格ストレートさんは上手に着こなしていたので、引き続き考えてみようと思います。


少ない服でも素敵に見える人の秘密 [ 師岡朋子 ]

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です