「スタイルよく見せたい」をいったん忘れる。Domani2018年12月号【骨格ストレート】

SPONSORED LINK







  • スタイルよく見せたい
  • 着まわしたい
  • 安くてかわいい服をさがしたい

私は骨格ストレートと知ってから、スタイルよく見せたい!スッキリ見せたい!でも、横からの厚みはどうにもならないしな…と悩ましく思っていました。

今年に入ってから、ゆるっとしてるのもいい、スタイルをよく見せることだけがおしゃれじゃない。ようやく、そう思えるようになりました。

先日読んだDomani2018年12月号の特集「”THE♡日本人体型”じゃ、ダメですか!?」がとても心に響いたんです。

特集冒頭の10の言葉は骨格ストレートさんにも良さそうでした。

今回は、「スタイルよく見せたいをいったん忘れる」など、かなり共感できた部分をご紹介します。

よかったら最後までお付き合いくださいね。

Domani2018年12月号は骨格ストレートさんに読んでほしい


Domani(ドマーニ) 2018年 12 月号 [雑誌]

表紙を見てわかるようにメインの特集は”THE♡日本人体型”じゃ、ダメですか!?

初めは、なんだかおもしろい特集だな~くらいにしか思っていなかったのですが、この特集の冒頭4ページがすごく良かったです。

さすがに全ては紹介できないので、その中から5つご紹介します。

フツーの体型でフツーの服を着てもそれは単なるフツー。

日本人のほとんどが標準体型。

そんな平均的なフツーの女性がおしゃれになたい!と思ってフツーの服を着たら印象に残らないその他大勢で終わってしまう。

シンプル、ベーシックはフツーということではない、あなたをステキに見せる服、自分らしい1着との出会いがおしゃれへの唯一の道。

-Domani2018年12月より要約して引用-

あかり
確かに~!と妙に納得した言葉です。

もちろんその他大勢に紛れて目立ちたくない時もある。

そういう日はフツーのコーデ。

でも、オシャレに見せたい日や、ビジネス、婚活など目的がある方は印象に残る、ステキに見える服でおしゃれを演出したいですね!

「スタイルよく見せたい」をいったん忘れる。

好きな・嫌いなコーデ読者アンケートでは、人気の好きなコーデの理由はスタイルよく見えるが多いそうです。

嫌いな理由はその反対、つまりスタイルが良く見えないから。

ただ、スタイルよく見えるだけにとらわれると、「古い人」になってしまう。

今のトレンドは「ゆるトップス×ゆるボトム」

トップスだけ大きくしてみたり、ボトムスだけボリュームを入れるなど、目指すべきはスタイルアップではなく、バランスアップ

-Domani2018年12月より要約して引用-

あかり

特に骨格ストレートさんはスタイルアップにこだわる方多いんじゃないかと思います。

太って見えたくないですよね~。私も太って見えるのはごめんです!

似合うアイテムだけでコーデをすると、Domaniの言う「古い人」になってしまう。

私は、小物にトレンドのインパクトを持ってくるのもいいなと思うし、トレンドで許容範囲のトップス、ボトムスを選ぶのもありですね。

目指すはスタイルではなく、バランスアップ!

「安くてかわいい」は「食べてやせたい」と同じ。

「安くてかわいい」服は確かにある。

ただ、大人の女性がすべてを安くてかわいい服ですませたいなんて、ずうずうしいもの。

20代とは肌のハリ、髪のツヤも違うのだから、ステキな服に大いに助けてもらおう!

安くてかわいい服を探し回るよりも、好きなブランドでステキな服をじっくりひとつだけ選び取ろう。

そしてミックスしておしゃれをする。

-Domani2018年12月より要約して引用-

あかり
日頃から、GUで購入したアイテムは、下手したら中学生と被るってことだよね…と思っていました。

決して悪い事ではないんだけど、じゃあ大人の私らしいコーデ、着こなしとはなにか?を考えていました。

普段着は、気づくと上下ファストファッションという事が多々あります。

ミックスの意識が抜けていたので、お出かけするときは意識しようと思いました。

着回しで服を選ぶと、どんどんつまらない人になる。

世の中の服選びの風潮は「どれだけ着まわせるか」が基準になっている。

確かに、失敗しないし1つのアイテムの活躍度が高い。

ただ、着回しが第1条件になったら、あなたの着こなしは個性がなくなり、どんどんつまらなくなる!

間違いではないけれど、可もなく不可もない。

着回し力はなくても、「かわいい!」と飛びついたお気に入りの一着を。

大好きな組み合わせを何度も着る方が、おしゃれの完成度は高い。

-Domani2018年12月より要約して引用-

あかり
これも考えさせられました。

「少ない服でおしゃれ」の考え、すごく流行っています。

私もベーシック服、着回しできる服が大好きです。

エアークローゼットで服のレンタルを始めてから、ワクワクするお洋服がすごく楽しいんです。

手持ちはベーシック服で、レンタルでデザインのあるお洋服を楽しめたらいいかもと考えていたので、やっぱりワクワクする服って必要だよね!と感じていました。

エアークローゼットの体験記事はこちらからどうぞ>>>エアークローゼット体験記事一覧

大人には勢いで着られる服がある。

おしゃれの分野で、大人の女性が若い子よりも得することがあるとすれば、勢いで服が着られるようになる。

良くも悪くも貫禄がついているから、ちょっとデザイン性の高い服、上質な素材がしっくりくるようになってくる。

着たいと思うけど躊躇していたアイテムをぜひ1度試着してみて。

赤ワンピやレオパードなど意外となじむかも。

-Domani2018年12月より要約して引用-

あかり
ティーン~20代向けの雑誌を読むようになってから、30代~50代向け雑誌と比べると30代以降は大人の深みがあるんですよね~。

良くも悪くも貫禄ってやつです…笑

最近、着てみたいけど躊躇していたワンピースを思い切って試着したら、結構よかったんです。

最近は、着てみたかった服を試着するようになって、新たな雰囲気の自分を発見できて楽しい!

勢いで着られる服、あると思います♪

おしゃれの価値観は人それぞれ。たまには「スタイルよく」、「着回し」を忘れるのもアリ?

私はその人の価値観も個性のひとつだと思うので、今回ご紹介した事もすべて共感できるものではないと思いますし、それでいいと思います。

でも、今の私には、なかなか面白い記事でした。

10の言葉はそんなにページ数が多くないので、買うほどではないかも(汗)

よかったら立ち読みしてみてくださいね。

最後までおつきあい頂きありがとうございました。

合わせて読みたい
憧れのブランドをお得に購入するならこちら>>>ファミリーセールGILTを体験しました

ファッションレンタルで新しい自分発見してみるならこちら>>>骨格ストレートさんに似合う服が多め!?EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)

2 件のコメント

  • あかりさんこんばんは、いつもInstagramやTwitterの記事やブログ拝見しています。
    今回のこの内容、わたしもうんうんと頷きながら読ませていただきました。ワクワクする服との出会い、増えたらいいなと思いました!

    • まあにゃさん
      こんばんは。

      Instagram、Twitter、ブログとフルで見てくださっているのですね。
      それは感激です!ありがとうございます。

      ワクワクする服との出会いは、頻繁にあるものではないけれど、だからこそ出会えた時の喜びは大きいですよね(*^^*)
      まあにゃさんがワクワクする服と出会えますように☆彡

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です