【顔タイプ診断】エレガントの大人から子どもタイプに

SPONSORED LINK







先日、髪を思い切ってショートカットにして気が付いたことがありました。

顔タイプ診断で私はエレガントなので、大人顔で曲線と直線が半分のタイプです。

顔タイプ診断では、なりたいテイストに寄せるという提案もしてくれます。

まさか大人から子どもに寄せることが出来るとは知らなかったので、今回はそこから気づいたことを書きますね。

よかったら最後までお付き合いください。

顔タイプ診断エレガントの大人から子どもへ?気づいたキッカケ

前回のブログ>>>【骨格ストレート】似合う髪型へイメチェンしました!このイメチェンがキッカケです。

私は顔タイプがエレガントだけど、女性らしいフェミニンに寄せたいと考えていました。

しかし、ヘアスタイル提案というサービスを受けてショートカットにしたら、ボーダーが前よりも似合うようになったと感じたんです。

久々にストライプのシャツを着たら、前よりもなんだか似合う!
パーカーもデニムもなんか前よりも似合ってる!


こんなツイートをしました。

そうしたらプロの方が教えてくださったのですが、なんと!大人タイプでも子どもタイプに寄せることが出来るのだそうです。

自分のタイプから近いクールかフェミニンにしか寄せられないと思っていました。
エレガントはかぎりなく大人の位置づけなので、子どもタイプに寄せられるとは面白いです。

ヘアスタイルを変えたら似合う服やメイクが変わるってよく言いますよね。

これは顔タイプ診断で言うと、他のタイプへ寄せたからなんだと腑に落ちました。

ショートカットにしたら内面と外見のずれが縮まった


これまでも何回かブログには書いていたのですが、私はすごく真面目な人に見られたリ、落ち着いて見られることが多いんですね。

真面目だけど、超が付くほど真面目とは思っていないし、かなりフザけるし、人を笑わせるのも大好き!

内面はそんなに落ち着いてなかったりします。

外見と内面(性格)のズレが悩みでした。

髪を切る前のミディアムも決して似合っていないとは思わないのですが、THEエレガントな大人の印象。

ショートにしたら、大人の中にも、活発さが加わって外見に内面が近づいたように感じました。

もっと早くショートにすればよかったです。

髪型って本当にすごい!

内面と外見を合わせること

実は以前こちらの書籍を読んで、内面(性格)に合った服でおしゃれをする大切さを知りました。

1時間話してやっと伝わる魅力を一瞬で表現した方が相手との距離は確実に早く縮まる

これはその通りだと思います。

私は実際に体験していて、以前もブログに書きましたが、こんなことがありました。

職場で、「初めは超真面目そうな人が来たから面接で不採用にしようと思ったんだよ。話していくうちに違ったから採用したの。」と店長から言われたことがあります。

誤解が解けたから良かったけれど、なんて損なんだろう…。

話さなければ、私の良さは伝わっていなかったわけですから。

今は、内面と外見が近くなってホッとしました。

顔タイプ診断エレガントでも子どもタイプに寄せることができた!

偶然なのですがショートカットにしたら、顔タイプ診断エレガントから子どもタイプに寄りました。

その結果、内面と外見の差が縮まってすごく良かったという事をお伝えしたくて書きました。

当たり前だけど、行動しないと変化は起きない。

勇気を出してバッサリ切って改めて良かったと感じました。

よく言われることですが、手っ取り早くイメチェンしたい人は、ヘアスタイルから変えるのがいいですね♪

私も利用した、プロによるヘアスタイル提案のサービスは本当におすすめです>>>ヘアスタイル提案の一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です