骨格ストレート向けアイテム・ブルベ夏コスメまとめ⇒《楽天ROOM》

30日間同じコーデにチャレンジした感想

12月は30日間同じコーデチャレンジをしていました。

服とのちょうどよい付き合い方を模索する中で、やってみたいことの一つでした。

30日間同じ服を着てどのように感じ、どのようなことを考えたのか。

ここに記録しておきます。

30日間同じコーデにチャレンジするきっかけは自問自答ファッション

自問自答ファッション通信に出会ったときからファンになり、あきやさんのnoteは夢中になって全記事読みました。

待望の書籍化の時は嬉しくて予約しました。

なんども読み返している本です。

その中でやってみたかったのが30日間同じ服で過ごすこと。

その日の気分で好きな服を着たいと思う私は勇気が出ず、なかなか実践できませんでした。

着回しを考えずパーフェクトコーデをひとつ作ったら自信が湧いた

自分の中でパーフェクトな1コーデを作るという取り組みをしたら、1ヶ月くらいだったらできるかも!と思うように。

秋に作った1コーデはこちら▼
参考記事着回しができない!からあえてしない!で満足度が上がった体験談

着回しができない!からあえてしない!で満足度が上がった体験談
あかり
一気に変えるのは難しいので、少しずつできそうなことから実践しています。

冬(12月)のマイパーフェクトコーデはこれ!

30日間着ることを考えて、どんな場所へも行けて、どんな時でも着ていて落ち着くコーデを選びました。(コンセプトに合う好きなコーデという大前提も押さえた)

ニットはUNIQLOの3Dカシミヤクルーネックセーター(ネイビー)
パンツはPLSTのチェックワイドパンツ

ニット、パンツ、バッグは基本アイテムとして30日間使うと決めて選んでいます。

いつもなら中に白のロンTを着て裾を少し出して、抜け感を演出したいところですが、今回はなんとなくやめました。

バッグは持ち方を変えて色の変化を楽しむ

バッグはネイビー×クリームなのでひっくり返して持つと違う印象を楽しめます。

ネックウォーマーはおうち用で購入したのですが、バッグと色のリンクができて使い勝手がよく外出時も使うことにしました。

ちなみに基本で選んだアイテム以外は行き先によってスニーカーにしたり、暖かい日はネイビーのマウンテンパーカーに変えています。

あかり
30日間同じコーデとしていますが、基本アイテム以外は天候などで変わるのは大目に見てね♪
たくさん歩く日はスニーカー

個人的にスニーカーの白とバッグの白(というかクリーム色)が微妙に違うのが気になってしょうがなく……。

スニーカーとマスクの色をリンク、バッグとネックウォーマーをリンクさせて何とかやりすごすという苦肉の策を取りました。

肉眼で見るとスニーカーも黄身がかっていると思っていたのですが、写真だと色味の違いが結構ありましたね。

バッグを購入する時も、このコーデで行ったのですが合わせた時まったく気にならなかっただけにショックでした。

自己紹介バッグについてはこちらをご覧ください自己紹介バッグ決定!演歌が流れポエマーになった日のこと

カシミヤを30日着ていいのかという疑問

パーフェクトコーデを選ぶとき、カシミヤを30日間着てもいいのだろうか?という疑問が湧きました。

しかし、このトップス以外に30日着てもいいと思えるほど好きでコンセプトに合う服がなかったのです。

むしろこれを着たかった!

実験としてどのくらいでくたびれるか見るのも手だと、思い切って選びました。

30日間同じ服と言っても外出時のみです。(部屋着は別)

あかり
私のライフスタイルだと外出は週4、20分~2時間程度なので、カシミヤでもいけるのでは?と思ったのも大きい。

とりあえず、帰宅後はいつもブラシをかけていました。

ペリドットのネックレスはエモーショナルアイテム

コーディネートの写真ではわかりづらいですが、ネックレスを付けています。

2018年に参加したミネラルショーでペリドットのルースを購入しました。

石に台座を付けてペンダントトップにしてもらう時、ハートの台座をオーダーして作ってもらいました。

台座のハートが可愛いエモエモアイテム

2023年時点ではハートモチーフもトレンドとしてありですよね。

ペリドットを購入した2018年当時はハートモチーフを前面に出すのに少し恥じらいがありました。

だから自分だけがわかる秘密の極小ハートを入れ込み好きを楽しむことにしたんですね。

ネイビーのニットに合わせるのがこの上なく好きで、久々にこのネックレスを出して活躍させています。

あかり
存在感のあるアクセサリーも好きだけど、ここにきて華奢めなアクセサリーが新鮮に感じるように

イメコンスペックでは、どちらかというと私は大ぶりなアクセサリーが映える方です。

しかし、自分の好きや気持ちを大切に生きたいので、エモエモアイテムとして楽しんでいます。

実際に30日間同じコーデチャレンジをした感想

12月の2週目くらいまでは出かける前に何を着よう?と悩んでいる自分がいました。

着る服は決まっていても、朝着る服を考えてしまう長年のクセはすぐに抜けないみたいです。

また、序盤は他の服が着たいと思うことも多々ありました。

慣れてきたのは3週目くらいからです。

コーデ記録はほぼ同じ服。

コーデ日記

11日は焼肉へ行った日で、服に匂いがつくのが嫌で他の服を着ました。

20日はどうしても違う服を着たくなった日です。

30日間同じ服チャレンジをした率直な感想は、「意外と大丈夫だった」でした。

服に匂いが付く外食をする時(ほぼない)や、どうしても違う服を着たい気分の日以外は全く問題ありませんでした。

カシミヤのニットも30日間(とはいえ短時間)着ましたが思ったよりくたびれませんでした。

今後の展望は?

30日間同じ服チャレンジをして本当に良かったです。

コンセプトに合うお気に入りのアイテムでそろえたコーデは何度着てもいい!と実感できました。

飽っぽい私でも飽きませんでした。これは本当に選び抜いた服効果かな?
30日間同じコーデチャレンジが終わったのに1月1日も同じコーデで初詣に行きました。

あかり
私の場合、欲を言えばワンシーズン3セットできたら嬉しいかも

バッグと靴は固定で決めているし、もう冬物を買う予定はないです。

今年の冬は、あと2セット手持ちのアイテムでお気に入りコーデを作り、その日の気分や予定に合わせて着られたらいいと思いました。

30日間同じコーデをして得た収穫は2つ

  • ほぼ1コーデで30日過ごせると身をもって体験したこと
  • マイパーフェクトコーデがワンシーズン3つあれば大満足と予測できたこと

どれだけ服が必要かはライフスタイルや好みによっても変わるので、色々実践して最終的には自分で見つけていくしかないと思っています。

クローゼットのメソッドは色々ありますが、必ず万人に合うとは限らないですしね。

これからもマイペースに実践して、自分にとっての最適解を探していきます。

あかり
他の冬コーデは次の記事(冬服11アイテムとコーデ紹介2022年12月2023年1-2月)で紹介しています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村 

2件のコメント

お久しぶりです。
なかなかコメントしませんが、毎回記事を楽しみに拝見しております。

今回のベストなコーデをずっと着回す〜とのことですが、私の身近に実はいるんです。
友人の旦那さんなのですが、営業マンをやりつつ夜はDJが趣味というオシャレさん。
仲良しなので何度か会うことがありまして、ファッションの話になったところ、「外出の際はずっとこのコーデなんです。仕事も通勤はこれですw」と言っていておどろきました。
その旦那さんは黒ベースのコーデでして、そんなこと言われるまで気にもしてませんでした。
お気に入りのコーデを着ていて、「あ、俺ずっとこれでいいや」てなったらしいです。

私もそれを聞いて、プチミニマリストを目指してたので、物凄く共感したのを思い出しました。
確かに各シーズン毎に3コーデあれば、意外に周囲に気付かれず、ストレスなくファッションも楽しめるのかもしれませんね。
私も新しいきずきでした。
またあかりさんの続報を心待ちにしております。

トミマリさん
うわぁ~!お久しぶりですね!
コメントありがとうございます。

>なかなかコメントしませんが、毎回記事を楽しみに拝見しております。
私も以前と比べると更新頻度は低くなりましたが、そう言って頂けると続けるモチベーションになります。
本当にありがとうございます。

トミマリさんのまわりには、既に制服化をしている方がいたんですね!
しかも本人に言われるまでトミマリさんは気づかなかったとのこと。

私が30日間同じコーデをする勇気を持てなかった理由の一つに「周りの目が気になる」というのがありました。
意外と周りの人って気づかないものですよね。
家族は私が同じ服を着ても全く気付いていませんでした。笑

実践して実感すると悩んでいた時間がもったいなくて、早くチャレンジすればよかったなと思いました。

冬服は定まったので、今は春のマイパーフェクトコーデのことで頭がいっぱいです。
コンセプトを決めるとそぐわない服は選ばなくなるのでラクですが、ピタりと合わせられるかドキドキです。

それでも少なめの服で楽しめそうな予感がするので私自身も今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です