「1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着」から考えたこと

SPONSORED LINK







1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着で平均としては1人あたり100~150着を持っていて、20代~30代は200~300着なのだそうです。

これまで持っている服の量を気にかけた事もなかった私ですが、自分に合ったクローゼット作りを進める上で服の適正量を知るのはとても大切だと知りました。

せっかくなので服の適切な量を現在のライフスタイルと当てはめて考えてみました。

良かったら、最後までお付き合いください。

クローゼット作りをはじめてから服の適正量について考えるように

先日ご紹介した記事私らしくておしゃれなクローゼットを作る方法を参考にクローゼット作りに励んでいます。

なんども本を読み返し、考えて進めるうちに、著者の方と私はライフスタイルが違う、私はもっとコンパクトなクローゼットができそうだと思ったことが始まりです。

タイミングよく、片づけの本を読み確信しました。

片づけの考え方や、その人の行動パターンから無駄のない服の量を考える方法も書いてあります。

本当に必要な物を見極めて暮らすという考え方自体に共感しました。

今のライフスタイルに必要な服を考えた

私が会社を辞めたのは約1年前です。

現在は在宅ワークで、人と会うのは月に1回くらい、遊びに行く頻度もそれほど多くありません。

ライフスタイルが変わり、スカートを履けるようになるという嬉しい変化を感じていたのですが、服の量の見直しをしていないことに気づきました。

週5で会社へ通勤していた時と、今の生活では必要な服や量が違います。

必要最低限でいうと春はトップス5着、デニム1着、きれいめパンツ1着、スカート1着あれば生活できます。

トータルで8着です。

飽きるからバリエーションが欲しい!となると、もう少し多くなりますね。

1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着

更に、色々と知りたくなり調べている時に出会ったのが1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着というものでした。

こちらのブログ記事です>>>洋服の適正量は何着?100着のクローゼットでオシャレになる方法

私は何着もっているか、ざっと数えてみるとコートなども含め約60着でした。

正直60着でも多くて、管理しきれていないと感じています。(1着1着を写真に撮り、管理していないというのもあるかもしれません)

引き出しの奥に忘れかけた服が眠っていたりしません?

こんな服持ってたな~みたいなことがよくあります。

もっと吟味して少なくすると、手持ちの服を活かし切るクローゼットができそう。

ミニマリスト?少ない服でもおしゃれになる?

今のライフスタイルでは、服が少なくてもいいとわかったところで、服が少なくておしゃれになることは可能?

着回しで飽きるんじゃないの?という疑問がふつふつと湧いてきました。

はたして少ない服でもおしゃれを楽しめるのだろうか?

調べている時にミニマリストぐうさんのブログに出会いました。

お洋服関連の記事はどれも参考になりますが、おしゃれについてはこちら>>>少ない服で着回すデメリットは、洋服好きの私にとってメリットでしかなかったので説明したい。

あかり
服好きなぐうさんのブログを読んだところで、ミニマリストの方も工夫をしておしゃれを楽しめているのだから大丈夫そうだと安心しました。

中でも、持っている服が少ないからこそ旬の服は罪悪感なく沢山着て楽しめるというのは新たな発見です。

たとえワンシーズンで飽きてしまっても、たくさん着て着古したのだからいいという考え方が好き。

買う時もすごく吟味しそうだし、ムダ買いが減るぞと思いました。

お買物の大半はストレス買い?

お買い物をする時、ストレス買いを意外としていると今となっては感じています。

これまでは、服の定数が決まっていなかったので、雑誌を見ては「この服いいな。持っていないから、買おうかな、着回しもできそうだし」と、なんとなくの感じでお買い物をしていました。

時々、安いし試着して良かったから色違いで1度に2着買うことも。

ストレス買いしそうな時は、1in1out(1つ買ったら1つ捨てる)や、1in2out(1つ買ったら2つ捨てる)も効果的ですね。

新しくものを買うには、2つ手放さなければならないと考えると、よく考えるしムダな物はそうそう買わなくなるという側面もあるようです。

1in1outや1in2outでストレス買いには気をつけようと改めて思いました。

「1人の人間が管理できるお洋服の限界量は100着」から考えたことでした

私の結論としては、100着も管理しきれないです。

限界量が100着なので100着持っていなくても全然OK

服の適正量は人により違いますし、おしゃれ、ファッションが趣味という方は無理に減らす必要はないと思います。

なりたい自分や将来の自分、個性などが反映されたお気に入りのクローゼットであることが理想です。

ただ、服は持っているのに、着る服がないという方には服を少なくするのは効果的なようですよ。

ミニマリストは目指していないですが、今は、お気に入りの少数精鋭の服で暮らしてみたいです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

合わせて読みたい
服を増やさないで、おしゃれを楽しむ方法として、ファッションレンタルがおすすめです。
レンタルをした時の体験談はこちら>>>30代がエアークローゼットを利用した感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です