【骨格診断ストレート】抜け感って大事!と実感した日のこと

広告

ある日、クルーネックの半袖ニットにカーディガンを羽織った時に、あれ?なんか似合わない気がする!!
と焦りました。

羽織物あり・なしの比較

まずは、すでに以前ブログに載せているGUのクルーネックニットとベイカーワイドパンツの組み合わせ。

これは個人的にも気に入っていました。
実際にお出かけする際、カーディガンを羽織ったら、なんだか変に感じました。

なんとなくもっさりするような。なんか半袖1枚の方が良くない?と個人的には思ったんですね。
肌見せした方がいいのかな?と思ってカーディガンの袖をまくってみました。

うん。さっきよりは良い気がする。
もともと、首元も開いていたほうがいいと言われる骨格ストレートさんですが、私はストレートの割に首が短くないと知ってから、クルーネックも取り入れていました。
しかし、フルレングスのパンツに長袖、そしてクルーネックとくると、肌見せの個所が皆無。
それがなんか変!?の原因だったのかなと気づいたんです。

よく、3首(首、手首、足首)みせるとおしゃれなんて言われますが、これも肌見せによる抜け感がおしゃれに見せてくれるんですね。

ストレートさんはフルレングス、長袖が似合うなんて言われますが、基本はそうなんだと思います。
ただ、今回のように抜け感がまるでゼロになるとおかしいぞ?という事になるので、その都度バランスを見て抜け感を作っていくのが良さそうです。

骨格診断だけじゃなく着こなしも知ろう


骨格診断に興味がある人は、ファッションに悩んでいて、ファッションの単行本を、読まれている方も多いかもしれないです。
もし、骨格診断の結果だけでコーディネートしている方がいらっしゃったら、おしゃれに見える着こなしも考えてみるといいかも。

私も着こなしが苦手で、普通に着てしまう事が多かったです。(いまだにそうですが…)
シャツの襟、袖のまくり方、パンツのロールアップなど、小さなことを変えただけでグンとおしゃれ度アップしますよ~。

今回、あれ?おかしいぞ?から改めて着こなしの重要性を考えさせられました。

おわりに


いかがでしたか?今回は、ふと感じた違和感から気が付いた抜け感について書いてみました。
寒がりな私ですが、首元、腕あたりは肌を見せるようにして抜け感を作っていきたいと思います。
本当は3首見せられるとベストかもしれないですね~(汗)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーのファッションとライフスタイルについて考える35歳会社員です。 好奇心旺盛で新しい情報や気になるものはとりあえずやってみたくなる性格です。