着こなしでおしゃれがきまる!?雑誌やオンラインショップで学んだこと

SPONSORED LINK







服って着方でおしゃれにもダサいにもなりますよね。

それは知っていても、いったいどうしたらおしゃれに見える着方をできるんだろう?

そんな風に思っていました。

何冊もファッション誌を読み、ネットでも服を見るようになり、おしゃれに見える着こなしのヒミツに気が付きました。

ヒミツというと特別なことのようですが、知っている人にとっては当然のことかもしれません。

自力で気が付けたという事に意義があるという事で、今回はおしゃれにみえる着こなしの気づきを2パターンご紹介します。

ファッション誌ではコートのボタンを留めない

ファッション誌では、コートのボタンを留めている率は極めて低く約10%。

ボタンを留めるとイマイチっていうパターンが多いからじゃないかと私は推測します。

もちろんコートの中も見せるという点ではあたりまえなのですが、縦ラインでスラッとスタイルよくおしゃれに見えます。

読者スナップで1,2人いたくらいで、ボタンを閉めているコーデはほぼありませんでした。

オンラインショップでは必ずある全部閉めた画像

たとえば、こんなブルーのさわやか~なサマー色のコート。


かわいい、ステキ~♪と思って詳細をクリックして、他の画像もチェック。

色々見ていくうちに、んん??という全部閉めた画像が。

なにも律義に上まで締めなくても…首苦しそう。

ストレートの私がしたらアウトかも。

開けてきた時と、締めてきた時のおしゃれ度の違いは一目瞭然ですね。

オンラインショップでも、トップの商品写真は開けて着ている写真がほとんどでした。

くらべると、コートは前をあけていたほうが抜け感が出て、おしゃれに見えます。

もちろん閉めてきてもステキな人もいます。

ちなみに、今トレンドのロングコート。

バランスよく着るためのコツは前を開けてタテのラインを作る事だそうです。

骨格ストレートさんや、低身長の方は開けた方がバランスを取りやすいかも。

ショート丈のコート以外は締めて着るとバランスが難しいと感じました。

とにかく袖をまくっている

これも雑誌で多く見かけました。

寒い時期にコートの袖をまくる人はいるのだろうか…という謎。

ニットも雑誌ではここぞとばかりに袖をまくっています。

オンラインストアではそこまで多くはなかったように感じます。

着こなしというよりも、どんな服かという商品の情報を伝えなければいけないからですね。

こちらはオンラインショップの画像ですが、袖をまくっています。

袖をまくっていないバージョン。


やっぱり比べると、袖をまくった方が抜け感というかおしゃれな感じが出ています。

雑誌から着こなしを学ぶ


こうやってみると、雑誌って今まではさらっとコーデを流し読みしていました。

おしゃれな着こなしも学べるんですね。

お恥ずかしいのですが、今まで雑誌をみていて、コートはほとんど前をあけて着ているとか、袖をほとんどまくっているとか、着方の部分を意識して見ていませんでした。

これからは、エリを立てているとか、裾のロールアップとか、着方も見ていこうと思いました。

もちろん実際にそれ出来ないでしょ!?というのもありますけどね…。

大いに活用しなければ。

おしゃれな着こなしはコーデを格上げしてくれる!


いかがでしたか?

今回は、最近気が付いた事を書いてみました。

気づいていないの私だけだったら恥ずかしいわ…と思ったのですが、誰かの参考になれば幸いです。

トップスのスタイルアップする着方については、こちらにも書いています。>>>骨格ストレートでも”大人カワイイ”はつくれる!を体験してきました

こちらの記事もおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーのファッションとライフスタイルについて考える会社員です。 好奇心旺盛で新しい情報や気になるものはとりあえずやってみたくなる性格です。