美人はつくれる!?美人に見せたい日の4つのマイルール

SPONSORED LINK







私はたいして美人でもなく平凡な一重で和顔、スタイルも小顔ではないし中肉中背。

そんな私でも、気合を入れるとホメられる事があります。

メンタリズムでおなじみのDaiGoさんもおっしゃっていましたが、美人に見せるという事が大切らしいですよ。
美人じゃなくても、美人に見せちゃえばいいんです。

それはどうすればいいの?と思う方もいらっしゃると思います。

という事で、今回は私なりの美人に見せたい日のポイントをご紹介します。

あかり
実は何年かぶりで、前の仕事の仲間と会うことになって、デブったけど、前よりも美人に見えるようにしたい!と欲を出したのがこの記事を書くきっかけになりました(笑)

あくまでも私の場合なので、万人に当てはまらないところもあるかもしれないですが、何か参考になるところがあれば幸いです。

毛先15cmの為に朝、髪を洗う


私の場合、プロにヘアセットを頼む時以外は、ナチュラルな内巻きが一番ステキに見えると感じています。

骨格診断ストレートなので、やっぱり髪型もストレートが似合うというのは納得。

とはいえストレートだとクールな印象によってしまうので、女性らしさという点でナチュラルな内巻きが気に入ってます。

普段は夜に髪を洗うのですが、美人に見せたい日は朝、髪を洗ってブローをすると簡単に毛先が整い、キレイになります。
(朝シャンプーをするのは、髪と頭皮には良くないらしいですが…)

某シャンプーのCMでもやっていましたが、毛先15cmがきれいに決まるだけで美人度がグッと上がります。

いつものメイクに立体感・透明感をプラス


私がいつも使っているメイクにプラスして使うアイテムとしてはブイディーエル ルミレイヤープライマー(下写真の左)があります。

ベースメイク時に目下からCゾーンにだけ乗せると、ナチュラルなツヤ感がでて、立体感がUP。

またノーズシャドウなど顔の輪郭に合った個所にシェーディングも入れます。

私の場合は面長なので、おでこ(髪の生え際)と顎ライン。

これだけで、顔立ちがはっきりしていつもの自分より美人度がUP。
写真撮影する機会がある時は必ず立体感を意識します。


また、写真中央のエレガンスのアクアレルアイズ06ラベンダーのアイシャドウをアイホールに入れます。

このクリームアイシャドウはまぶたに透明感が出てすごくお気に入りです。
パーソナルカラーサマーさんにオススメです!

アイホールにはホワイトや薄いベージュのシャドウを乗せることが多いのですが、ラベンダーにするだけで雰囲気が柔らかく、透明感がでて女性らしさを演出できます。

二重幅(私は一重ですが…)にはNARSのデュアルインテンシティーアイシャドーを入れています。
これにプラスしてブラウンのアイライナーを使用。

ラベンダーのアイシャドウでない日は似合うブラウン系のパレットでいつもより濃い目に仕上げる日もあります。

これはTPOに応じてですね。
いつものメイクにプラスするのは立体感と似合う色の中でもベストな色を持ってくることです。

ファッションも似合う色となりたい印象を重視

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、似合う色を必ずトップスに持ってきます。

最近だと、昨年購入したとろみブラウスの出番が多いです。

ライトグレーにわずかにブルーが入っているブラウス。

これも、自分がその日、気合を入れていきたい場所にふさわしい服というのが大前提ですが、私は爽やかで透明感があり、女性らしいを意識することが多いです。

すべてのバランスをチェックしたら自分に自信をもって笑顔で出かける


ヘア、メイク、ファッションこの3つがちぐはぐになっていないかをチェックします。

これでいつもより美人度UP。

仕上げはいつもより少し美人度UPした自分に自信を持つこと!

同窓会など、数年ぶりに会う時、老けた、太ったなんて思われたら…なんてビクビクしていたら、本当にそう見られちゃう。

太ったけど、素敵、幸せそう。て思われた方がいいですよね。

年を重ねたけど生き生きとしているなぁって思われた方がいい。
堂々としているのが1番です。

今の自分で最高に美人を目指したい!


いかがでしたか?

私なりに気合を入れる日のヘアメイクやファッションについて書いてみました。

人と比べてではなくて、今の自分のベストを出すことが重要かな~と感じています。

これを心がけるようになってから、ホメられることが多くなりました。

気合を入れる日はあまりないんですけどね…。

少しずつ研究の成果が出ているようです。

普段の私は手抜きすぎて、まだまだですが、ここぞというときはマシになってきました。

もし、みなさんもコレ!というワザがありましたら教えてください~!!

こちらの記事もおすすめ

35歳のベースメイク
服に悩むとは人生に悩んでいるということ「愛されリアルコーデ」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です