30代おばさんっぽい見た目の原因と対策を考えた

広告

以前の自分と比べてなんだか肌にハリがない・・・。
体型がくずれてきた・・・。
年相応でいいじゃないと思っていたはずなのに、実際、変化してくると気になってしまうものです。

「老けたくない!」という思いは誰でも持っているのではないでしょうか?
私はムダに若く見える必要は感じていないですが、平均的でいたいと思います。
今日はおばさんっぽい見た目の原因と対処法を考えてみることにしました。

フェイスラインのたるみ、ハリ不足、2重あご、ほうれい線
なんとも悩みをあげるときりがないですね(汗)
私はフェイスラインがぼんやりとした面長で、30代になってから更にぼやけたと感じています。
そこで、これらの悩みをトータルで解消してくれる物はないかと探してみました。
カッサは気持ちいいし、マッサージもよさそうですが、なんとなく力加減がわからない。

道具要らず、時間もそれほどかからないお手軽な方法を検討しました。

その結果「顔ヨガ」が良さそうです。

間々田先生の本は沢山種類が出ています。
その中でも、とにかく毎日続けられることがポイントなので、お風呂で10秒を購入しました。
アンチエイジング要素がつまっているというのも選ぶキッカケになっています。

私は、顔ヨガクラスを実際に受講したことがあり、クラス後は顔が疲れるのと同時にスッキリして、良かったです。
手鏡を片手にクラスが進んでいいくのですが、すぐにリフトアップするなど驚きがありました。
顔の筋トレを習慣化することによって血行が良くなり肌色も表情イキイキとしてくるので、いいことづくしですね。

昨年、クラスを体験してから続けたいと思いつつやっていなかったので、これを期に顔ヨガをやってみようと思います。

before→afterで顔の変化も記録してみようかな。

スタイル

スタイルの変化も加齢とともに必ずあるものですね。
背中やお腹、お尻にぜい肉が付きやすくなるなど、スタイルの乱れが出てきます。
もちろん、「20代と変わらぬスタイルをキープしている」という方も時々いらっしゃいますが、大半の方は何かしら感じるのではないでしょうか。
この変化も「おばさん」感がでる原因だと思われます。

改善するのであれば運動(筋トレ、有酸素運動)+バランスの良い食事が王道となりますね。
私がここで思うのは、姿勢。
いつも正しい姿勢、歩き姿でいれば、おばさんっぽさが緩和されるのではないかと感じています。

以前、電車で視野におばあさんらしき人が入ってきたので、席を譲ろうとよく見たら、20代の子でした。
その時に、姿勢って20代でもおばあさんに見えちゃうんだ!と焦ったことがあります。
そこで私がまた取り組みたいのは中村格子先生のマジカルエクササイズ

すごいヤセる。というよりはコンディショニング的な要素なので、肩甲骨や骨盤の正しい位置を知るのに役立ちます。
以前、習慣的に実践していた時は、体重の変化はさほどないものの、ウエストがシュッとしてサイズダウンしました。
また、肩甲骨回りの動きがいくつかあるので、肩こりにもいいと思いました。

こちらも慣れてしまえばそんなに時間がかかるエクササイズではないし、負荷もさほどないので、運動が苦手な方でも毎日無理なく続けられます。

おわりに

今回は、ファッションやメイク以外のおばさんっぽさとその改善方法について私なりに考えてみました。
改善方法をしばらく試してみますね。
変化があるといいな~。

もしおすすめの方法がありましたら、ぜひ教えてください♪

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です