「毎朝、服に迷わない 秋/冬」を読んだ感想

広告

以前購入した、「毎朝、服に迷わない」に秋冬版が発売されているのを知り購入しました。

ファッション系の単行本を読むことは、私にとって趣味です。
実は、色々読んで、コーディネートがおしゃれになるポイントはわかってきました。
しかし、著者によって考え方の違いからか提案している事に違いがあることもわかってきました。

この違いは「ファッション=生き方」と思っているので、ファッションに対しての考え方も人それぞれなのはしょうがないし、それが面白いところでもあると感じています。

毎朝、服に迷わない秋/冬 暖かいのにおしゃれになる


毎朝、服に迷わない 秋/冬 暖かいのにおしゃれになれる
骨格診断の本ではないのですが、組み合わせや、おしゃれになるポイントを知るという点では、前作も大いに参考になりました。
ちょうど、秋冬のおしゃれに悩んでいたので、今回も期待をもって購入しています。

読んでみて、私にはどうしても取り入れられない!
という組み合わせがあるのも事実。
その辺りは、ささっと読み飛ばしています。

たとえば、ダウンコートについて。
私はダウンコートを着ないので、読み飛ばしました。

ある色を細かく散らしていく

私が、冬のおしゃれでなるほど!
と思ったのは、ある色をコーデの中に散らすというものです。
冬は、おしゃれに見える3首(首、手首、足首)見せが出来ません。
ぬけ感がでないという事で、それを叶えるには、靴、バッグ、アクセサリーなどにある色を小さくちりばめていくというテクニックを使うと解消されるというものでした。

この色を散らす為に、私が買い足すものは、バッグとネックレスがあればできると思いました。

アイテムを分類する

おしゃれコーデをするために、手持ちのアイテムをある基準で分類すると、自分に足りないアイテムが分かるという事に気がつきました。

実は、以前から感づいていたのですが、自分に足りないアイテムを探す事がおっくうで実践していませんでした。
これは、頑張らないといけないところだと思います。

靴とバッグの色について

以前は、靴とバッグの色を揃えるのはおしゃれ!
とされていましたが、今はそうでもなくなってきているようです。
ベーシックカラーどうしの合わせはOKだけど、カラーのあるアイテムを合わせるのはやめた方がいいみたい。

読んでみた感想

今年出版された秋冬の本なので、今のトレンドを元に提案されているのが間違いなくていいなと思いました。
前作でも、今作でもすごく言われているのは、ベーシックなアイテムを揃えるということ。

この点、私は、ほぼベーシックしか持っていないのでいいのですが、やはり色が足りないかも。

色以外にも、圧倒的に足りないものがあると気づかされました。
これは、次回のブログに書こうと思っています。
また、ソックス×パンプスやタイツ×パンプスに挑戦したい気分になったり、ブラックのリュックが欲しくなりました。

おわりに

いかがでしたか?
今回も響く事が色々あり、とても楽しく読み終えることが出来ました。
ダサい!と自分でも思うコーデになる日が時々あります。
大体、朝、疲れて選ぶ気力がない日だったりするのですが、そんな日を少しでも減らしていきたいと思っています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です