日本人のほとんどが知らない!?正しい靴の選び方

広告

連休中は色々と本を読みました。今回ご紹介するのも先週末に読んだ本です。

みなさんは靴を選ぶ時にどんな基準で選んでいますか?
私は二十歳のころからパンプスに何度も挑戦しては、痛くて挫折するという日々を過ごしていました。

厳密にいうと今でもそうです。

また、街ではサイズの合っていないパンプスを無理して履いている人の多さにびっくりします。
カカトがパカパカしていたり、履き口がフィットしていない人など…。
パンプスは痛いものだと思っている人もいるんじゃないかと思います。

今回はそんなパンプス選びに悩んでいる女性のみなさん必見の書籍をご紹介します。

その靴、痛くないですか?あなたにぴったりな靴の見つけ方


その靴、痛くないですか? ――あなたにぴったりな靴の見つけ方
著者は西村泰紀さん。
彼は「靴は売らない靴屋」シューフィット神戸屋の店主さん。
靴の中敷きオーダー専門店です。
私もずっと神戸屋さんにお世話になりたいと思っているのですが、まだ行けてないです…。

著者が西村さんということで、とても興味が湧きました。

こんな方におすすめ

正直、年齢問わず、日本の女性たちにはぜひ知っておいてもらいたい内容です。

特に、こんなことを思っている方はぜひ読んで頂きたいです。

  • ハイヒールが痛いのは当たり前
  • 外反母趾だからハイヒールを履けない
  • 幅の広い靴は足に優しい
  • 幅の狭い靴は足によくない
  • 日本人の脚は幅広甲高

まずは自分のサイズを知る


サイズの正しいはかり方が説明されています。
靴のサイズをはかってみると、自分が思っていたサイズと違う事って大いにあります。
私の場合はいつも22.5㎝のパンプスを選んでいたので、当然、足の長さは22.5cmだと思っていました。

ところが、実寸は23.1cmと23.3cmで、左右の長さが違いました。
23cm以上の私がなぜ22.5cmを履けたのか…。
それは私の足幅が細かったからなんです。

ほとんどの人が足幅を重視していない

EとかEEという表記が足幅を表しています。
最近ではC,Dくらいの幅を見かけますがほとんどはE以上のように感じています。
ちなみにこの表記は、Aが小さくて、アルファベットが進むほど大きな幅になります。

私はAA~Aという事が判明しました。

靴によっても違いますが、私は23.5AAサイズという事になります。

みなさんはちゃんと測定したことありますか?
これは靴選びをするうえでとても大事です。

日本の靴の品ぞろえはニーズに合っていない


日本の靴のサイズぞろえは実におかしなことになっています。
足幅が細い人が多くなってきているにもかかわらず、販売されている靴のほとんどは足幅がE以上で大きい靴です。
幅の大きな靴を履いていると、前滑りして痛いのはもちろん足のトラブルになりかねません。

サイズの合っていない靴を選んでしまうのは、合う靴を作っていない日本の靴業界が問題だと思っています。
販売員さんも知識不足というを私自身経験しています。
本当に泣きたくなるんですよ…。

パターンオーダーで3万円くらいの靴を購入するようになり良くなったのですが、本音を言えば、安くてデザインも選べたらいいのに…といつも思っています。

合う靴が見つからなくても調整する


ピッタリ合う靴の選び方の説明が書いてありますが、ピッタリの靴を選ぶのは難しいものです。
そこで、素人の私たちでもできる調整方法が書いてありました。
今までも、ジェルのハーフインソールなど使用していましたが、正しい位置がイマイチわからなかったんです。
そのあたりがクリアになったのは良かったです。

読んだ感想


靴については、幅が狭い靴をオーダーするようになったので、以前よりはトラブルが少なくなったように感じていました。
しかし、まだピッタリ!という靴が少ないのも事実。
靴ずれすることも多いです。
特に、ぺたんこパンプスのトラブルが多くなっているように感じていました。
合う靴のチェック方法を知ったので、早速それを参考にくつ選びをしてみました!
それについてはまた次回書こうと思っているのですが、以前なら気づかずに買っていただろう靴も、購入しないで帰ってくることができました。
ムダ買いを抑えられて良かったです。

おわりに

みなさんはパンプスを買った後に、痛くて履けなかったという経験はないでしょうか?
私は気を失いそうなくらいイタイという経験が何度もありました。
全ては合う靴の選び方を知らなかったから。
靴売り場の店員さん(シューフィッターさん)を頼りにしても、本当に知識がある方って1割いるんだろうかとさえ私は思っています。
ならば、自分で合う靴の選び方を知るしかないですよね。
シンデレラ靴を選べるようになる、靴選びの知識をぜひ身につけてみてください。
おすすめです♪


その靴、痛くないですか? あなたにぴったりな靴の見つけ方 [ 西村泰紀 ]

広告

2 件のコメント

  • はじめまして。
    私も自分の体型や似合うカラーやファッションに悩んで色々調べているときにこちらのブログに出会い、共通する点が多かったので思わずコメントしてしまいました。

    ・骨格ストレート
    フリルのついた服やダボっとしたカジュアル系の服を着ると太って見える。袖の形によっては二の腕が太く見える。(パーソナルカラーは春です)

    ・ストレートorシンプルなヘアスタイルやすっきりまとめたハーフアップはまあまあ似合う。ゆるふわパーマは全く似合わない。顔は面長。

    ・足幅A〜AAのパンプス難民。
    どんなパンプスも足に合わない。靴の中で足が前に滑るせいか歩くときに足指で踏ん張ってしまったり、靴擦れを起こしたり、とにかく歩くとかなり足が疲れてしまう。

    靴に関しては、以前新宿にある大きな百貨店でシューフィッターの方に足のサイズを測ってもらったところ、「日本のメーカーのものはほぼ全て合わないと思います」とはっきり言われてしまいました。

    どんなパンプスを買っても痛い、合わない理由がようやく判明し、「その辺にある靴屋さんで自分に合うパンプスはない」ということも分かったので、この先靴に関して無駄遣いせずに済むなと返ってすっきりしたのですが…、なんで日本には足幅狭いパンプスがこうも少ないのでしょうね。

    これは私の勝手な憶測ですが、幅の狭いものを作るより広いものを作った方が在庫が余らないからなのかな〜と邪推してみたり。
    (足幅狭い人は大きな靴を一応履けるけど、足幅広い人は狭い靴が履けないので足幅狭い靴は売れ残る可能性が高いから?
    でも履けるといっても靴は大は小を兼ねないんだよ〜!と声を大にして言いたい)

    しかし、日本人でも足幅狭い人は少なくないはずなので、足幅の狭いオシャレなパンプスがもっと増えて気軽に買えるようになってほしいというのはとても同感です。

    一応、銀座かねまつさんはワイズBなどの足幅の狭い靴も取り扱っているようですが、種類は多くなく、実際にワイズBのパンプスを購入し履いて歩いてみたところ緩い感じはあります。

    足幅狭いパンプスは海外ブランドなら結構あるらしいのですが、ヒール低めのフェラガモのパンプスも日本で売られている靴より足幅は狭くてなかなか足にフィットする感じはあったものの、やはり緩めな感じで歩いていて楽…!というほどではなかったです。

    それに海外ブランドの靴は値段がそれなりに張るので気軽に何足も揃えるのはなかなか厳しい…。とはいえ、合わない靴を何足も買うよりはちゃんと合う靴を吟味して少数精鋭で揃える方が安上がりだとは思います。

    今はアンクルストラップのついたパンプスを愛用しています。足幅は合っていないのですが、足首で固定するストラップがあると歩いていて多少楽な感じがします。
    あと、靴の中に滑り止めシートやジェル状の土踏まずサポート貼るのもなかなかいい感じです。

    これからもこちらのブログでファッションやメイク、美容など色々と参考にさせていただきます♪
    長文失礼しました。

    • カナさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      ストレートや面長など、共通点が多かったようで、もしかしたら、お悩みも似たものが多いかもしれないですね。

      さて、靴選び。
      おしゃれは靴からと思ってパンプスを選びに行きました。
      百貨店で、色々おすすめしてもらい履いてみたのですが、やっぱり難しかったです。
      15足くらい履いて1足良さそうなのを見つけましたが、保留にしました。

      幅が狭くても、かかとが大きくて抜けてしまったりと難しいですね。

      手持ちのパンプスはシュープレモ2足と、フェラガモのAA1足、計3足で秋冬に履けるのは1足しかないので困っています。

      諦めずに探してみようと思います。
      これからもよかったらblogに遊びに来てくださいね。
      よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です