【骨格診断ストレート】ダサくならないチェックシャツ×リュックコーデとは?

広告

先日、少し涼しい日があったので久々にコットンのチェックシャツを着て出勤しようと思いました。

いざ、家を出ようとリュックを背負って鏡を見たら・・・ダサっ!!
超絶ダサかった。
本当に驚きました。
慌てて違うトップスを手に取り、着替えて通勤しました。

ということで、今回はダサくならないチェックシャツ×リュックについて考えてみることにしました。

ある日のコーディネート


初め、デニムパンツにチェックシャツを着ただけでした。
このコーデ、上の写真で見ると、そんな言うほどダサさは感じないです。
しかし、私が実際に着たら、オタクっぽくなってしまいました。
紙袋持ったらアウトなやつです。

朝だったので原因を考える暇もなく、白のブラウスにライトグレーのカーディガンで出勤しました。

コーディネートアイテム

シャツ
UNTITLED マドラスチェックシャツ

ニット
styling stretch knit Tops

カーディガン
無印良品 ウールシルク洗えるクルーネックカーディガン

デニムパンツ
無印良品 オーガニックコットンストレッチデニム ボーイフィット アンクル丈

スニーカー
コンバース ジャックパーセル ライトグレー

リュック
3can4onワッペン付きリュック(グレー(012))

ダサい理由を考えた


まず、自分なりに考えたのはこんな感じです。
・着方がまずかった
・ボトムスがまずかった
・リュックがまずかった
・ヘアメイクがまずかった

着方がまずかった

着こなしとしておしゃれに見えるようにするにはこんな感じでしょうか。
・袖をまくり抜け感をだす
・サイズの合ったシャツを着る
・ボタンをきちんと留めずに、深く開ける

ボトムスがまずかった

Pexels / Pixabay

やっぱりデニムがまずかったのかな??
とはいえ、デニムにチェックシャツだけだったらすごくダサいになりませんでした。
リュックを合わせたとたんにダサになったので組み合わせって恐ろしいですね。
もしかしたら、ワイドパンツや、デニムでもホワイトデニム、他にはスカートにすると印象が変わるかもしれないです。

リュックがまずかった

Unsplash / Pixabay

私のリュックはナイロンっぽい素材のグレーの四角いタイプのものです。
革素材のリュックなど、素材が違ったらまた印象が違うようになるかもしれないです。

ヘアメイクがまずかった


これは考えてみたのですが、チェックシャツにリュックのコーデに合うヘアメイクってなんだろう?と考えても正解は出ませんでした。
しかし、ファッションにおいてヘアメイクってすごく重要だからもしかしたら、変えたらダサくならないかもしれないですね。

おわりに


いかがでしたか?
ある日の朝、めちゃめちゃダサいコーデをしてしまったことから考えることになりました。
チェックシャツ×リュックをおしゃれに見せるにはどうしたらいいのか、実際に試してみる必要がありそうです。
もしこうじゃない?とかアドバイスありましたら、ぜひ教えてくださ~い!!

広告

2 件のコメント

  • こんにちは。ストレート×サマーの同志です。
    リュック難しいですよね。私は診断で「リュックはNG」と言われ、気になってたチャムスのリュックを諦めたクチです。
    診断後に、本当に似合わないのか実際にお店に確かめに行った時に気付いたんですが、個人的にはリュックのストラップのデザインがかなり影響するんじゃないかなと思っています。ストラップのふっくらした感じとか、プラスチックのバックルとかが、ストレートの「きちんと感」から離れる原因なのかなあと。
    あと、9/7の記事でも書かれてますが、足元をパンプスにして女性らしさを出したらいい感じになりそうですがどうでしょうか。

    • ながねぎさん
      こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      確かに、リュックのストラップの厚みはもっさり感につながるかもしれないです。
      あとはプラスチックのバックルも安っぽく見えますね。
      安っぽくないという点で、革のリュックも大人っぽくてチェックシャツに合わせても大丈夫かも!?
      と最近思えてきました。
      どうしてもカジュアルなものが好きで、スニーカー、キャンバス地のバッグになりがちですが、
      パンプスなど女性らしいアイテムを合わせていくことがキモかな~と思っていました。
      また何か発見などありましたらぜひ!コメント頂けるとありがたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーのファッションとライフスタイルについて考える35歳会社員です。 好奇心旺盛で新しい情報や気になるものはとりあえずやってみたくなる性格です。