【骨格診断ストレート】+10キロになるデブワンピースをスッキリ着こなすには?

広告

先日ELLE SHOPの1万円クーポンを頂いたので、記念に、普段は買わないであろうワンピースを購入しました。

夏物なのに、予約商品で8月下旬着という事で、首をなが~くして待っていました。
もちろん試着なし。サイズもデータを吟味して選んで、実際に届いたら、+10キロ見えするワンピースでした。

今回は、この+10キロ見えするワンピースの着こなしについて写真をまじえて見ていきたいと思います。

購入したワンピース

まずは、購入したワンピースの紹介から。

三越伊勢丹のオリジナルブランドBPQCのジレにもなる2wayジレドレス。
モデルさんの着こなしはこちらの記事に掲載されています。

モデルさんは上半身が薄いので、すごくきれいに着こなしています。
この写真を見てストレートの私はどんなシルエットになるのか熟考して選びました。

骨格診断ストレートの私が着てみると…

早速、家で着てみました。
まずは普通に着てみたところから。

正面

ワンピを着て、ベルトを通した時に、やっぱりステキなワンピだったと嬉しくなりました。シンプルで上品でお気に入りです。
ベルトの位置がやや高いかな?と思いましたが、全体的にスッキリしていたので、残りの夏をこれ着てお出かけしたい!!とテンション上がりましたね。

しかしその後、地獄に突き落とされました。
+10キロの写真を目の当たりにすることになるのです。


はい!これが+10キロのトド状態です。

写真を撮った後、この事実を目の当たりにして本当にこんな顔になりました→(;゚Д゚)
正面から見るとあんなにステキなのに…。
姿勢を正しくしているのに、姿勢が悪く見えるのも驚きでした。

この写真を見てもらうと分かるのですが、共布のベルトは背中側が内に入っているので、後ろは広がってしまうんですね。
似合う人が着たらキレイに着こなせるのかも。
この服が推奨する着こなしでは私はトドのまま!と思い、後ろから普通にベルトをすることに。

いかがでしょうか。
+10キロが、なんとか-10キロのいつもの私に戻りました。

わかりやすく2枚を並べてみましょう。
全然違うと思いませんか?

ベルトの仕方ひとつで、こんなにも違うんですね。
もし、横からのチェックを怠って着ていたら、私は+10キロの姿を世間にさらしていたかもしれません。
考えるだけで恐ろしい!!
この服のデザイナーさんには申し訳ないけれど、どう考えても私はベルトを普通にして着ようと思います。

ジレとして着た場合

ホッとしたところで、ジレとして着た場合を見ていきましょう。

正面


ストンとしたIラインがスッキリしています。
薄い色を羽織として使うのは慣れていないのですが、これはシルエットとしてとても気に入りました。


横からも特に気になるところはなく、比較的スッキリとした印象を受けました。
ジレとして着る時は、後ろでリボンを結べるのでスッキリと見え、とてもいいです。

今回の件はとても勉強になりました

今回は、ELLE SHOPで試着が出来ない中、購入しなければなりませんでした。
このワンピースを、もし実際に店頭で試着した時に、店員さんがいるのに、ベルトを違う感じで試すことに気づけただろうか?と思いました。
デブって見えるから、私には合わない、買うのやめようってなっていたかもしれないです。
自分がよりステキに見える着こなしアイデアの知恵がもっと私には必要だと感じました。

おわりに

Freepht / Pixabay

いかがでしたか?
今回は本当にびっくりしました。
とりあえず、着られるという事がわかり良かったです。
着こなしって本当に大切ですね。
骨格ストレートさんが、そのまま着たらもっさりだけど、工夫した着こなしをすると、こんな風によく見えるっていう見本帳やまとめがあったらいいのにと思いました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーのファッションとライフスタイルについて考える35歳会社員です。 好奇心旺盛で新しい情報や気になるものはとりあえずやってみたくなる性格です。