ハトムギ保湿ジェル1週間でぷるぷる肌へ

広告

発売当初からずーっと気になっていたハトムギ保湿ジェル。
今更ながら購入してみました。

始めて使用した時からこれはすごいかも!?と思い、1週間使用してお肌がぷるぷるになりました♡
ということで、今回はハトムギ保湿ジェルのご紹介をします。

買おうと思ったきっかけ


まずは、買おうと思ったキッカケ。
ハトムギ化粧水をプレ化粧水として使っていて、もう何本リピしたかわからないほどです。
顔、身体用として使っていました。
化粧水には無印良品で購入したスプレーヘッドを付けて、片手で簡単に使えるようにしています。

もうすぐ秋がやってきますね。
毎年、秋は夏の疲れがお肌に出るような気がしていて、今のうちしっかり保湿をしたいと考えていました。
そんな時に、口コミでべたつかないのにうるおうと評判の良かったジェルを購入することに。

ハトムギ保湿ジェルとは


公式サイトの説明によると、このような事が書いてあります。

みずみずしくて しっかり浸透※1

みずみずしいジェルに天然ハトムギエキス(保湿成分)を配合した高浸透(※1)処方。
すっとなじんで肌をうるおいで満たし、もちもちの肌に。
※1 角質層への浸透

ベタつかないのに しっとり潤う

肌表面にきちんととどまり、油分に頼らずうるおいをキープ。
他のスキンケアの浸透を妨げず、メイク崩れのもとにもなりません。

やさしい処方で たっぷり使える

無香料・無着色・低刺激性・アルコールフリー・ノンコメドジェニックテスト済(※2)
※2 すべての方にニキビのもと(コメド)ができないということではありません。

やさしい処方と「べたつかないのにしっかりうるおう」は私にとってかなり魅力的です。
価格もドラッグストアで900円くらいなので、お値段を気にせずたっぷり使えますね。

配合成分

配合成分。
主に、水とグリセリンです。

水、グリセリン、DPG、ジメチコン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェリルリン酸Na、ハトムギエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、BG、PEG-12ジメチコン、水酸化Na、カルボマー、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

使ってみた感想


ぷるぷるのジェル。
このくらいの量で、手から肘まで塗ることができます。
伸ばした後はべたつかないのにしっとり。

一つだけ気になるポイントとして、朝の洗顔時、ぬるぬるしていつもより洗顔を丁寧に洗わないといけないです。
顔の上にゲルがとどまるから?
気になるくらいで、特に不快ではないのですが、これが苦手な方もいるかもしれないですね。

顔に使ってみて、翌朝いつもとお肌が違い、うるおっていました。
朝に使用する予定はなかったのですが、うすーく塗って使っています。
日中の乾燥も気にならなくなりました。

1週間の使用で、お肌が水分を得てやわらかくしっとりしたと感じています。

お気に入りの使い方

使用していくうちに、お気に入りの使い方を見つけました。
それは、かさね塗りです。

  1. ハトムギ化粧水をお風呂上りすぐに使用
  2. ハトムギ保湿ジェルを塗る
  3. 約5分~10分後、ジェルを重ね塗り。
  4. 約5分~10分後、ジェルを重ね塗り。
  5. うす~く乳液を塗る(乳液はお好みで。なしの日もあります)

計3回その日の気分で重ね塗りをしています。
最後に乳液を付けた時、お肌が手に吸い付いてくるんです。
吸い付いてくるのは、グリセリンが表面にとどまっているからだと思うのですが、表面がカサカサしているよりは、潤っていたほうがいいですよね。

おわりに

このハトムギ保湿ジェルは発売当初から気になっていました。
なぜ買わなかったのかというと、発売当初は口コミがイマイチだったから。
しかし、私には合っていたようで、使用感とお肌の調子が良かったです。
保湿で秋の肌トラブルがでなくなるといいな~と期待しています。

こちらの記事もおすすめ

【黒ずみ対策】ビアネージュのクリームを使ってデリケートゾーンの美白ケアをした感想
35歳のベースメイク

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です