ShoePremo(シュープレモ)のローヒールパンプスが届きました!

広告

ついにこの日がやってきた!!
4月に新宿伊勢丹でオーダーしたShoePremo(シュープレモ)のローヒールパンプスが届きました。

ShoePremo(シュープレモ)は幅狭さん向けのショップです。
前滑りして、パンプスが痛くて履けない方は一度自分のサイズを知るといいかもしれないですね。
意外にも幅が狭いという事も考えられます。

ちなみにオーダー会へ参加した時の様子はShoePremo(シュープレモ)幅狭オーダーパンプスをご覧くださいね。

さて、今回は届いたパンプスをご紹介します。

シルバーのプレーンなパンプス


こちらの画像はシュープレモさんのネットから注文する時のイメージ画像です。
私は、シルバーにして、ヒールはカジュアル感を出したかったので、スタックヒールを選択しました。
実際に届いたパンプスはこちら

実は、シルバーの靴が大好きで、これを含めて4足持っています。
オーダー時に革の見本は一応あったものの、なんとなくイメージが出来なくて、実際に完成してギラギラしたシルバーだったらどうしよう…と不安でした。
実物は、ちょうどよい感じでホッとしました。

はきごこちは?

実際に履いてみた感じは、幅がピッタリで、これが合う靴なんだなと感動します。
以前オーダーしたパンプスが届いた時も感動しました。
ヒールのある靴もスタイルが良く見えるので憧れではあるのですが、やっぱりデイリーで姿勢よく歩けるローヒールは疲れずに重宝します。

ちなみに、手持ちの他のシルバーパンプスたちもすべてローヒールかフラットなのですが、どれも幅がジャストではなくて、前滑りして痛いです。中敷きで工夫していても難しいんですよね。
私の場合、パンプスは靴がボロボロになって捨てるというよりも、買ってみたけれど、実際に履いてお出かけしたら合わなくて捨てることが多いかも…。

靴って、試し履きした時にどこも痛くなかったとしても、実際に履くようになって痛いところが出てくるので、いかに試し履きで合う合わないを判断できるかが重要ですよね。

その点、ShoePremo(シュープレモ)のパターンオーダー時は長い時間、試し履きさせて頂きましたし、階段なんかも試しに昇り降りしました。
また、部分的な中敷きを入れてもらっているのですが、靴を作る時にそれを入れ込んでいるので、わからないのがいいですね。

自分で中敷きを入れると、靴を脱いだ時の見た目が美しくないからちょっとテンションさがるんですよ。
だから、靴を脱いでもきれいなのが個人的にはとってもポイントが高いです。

おわりに


いかがでしたか?
足の幅が狭い方は、なかなか合う靴がなくてあきらめモードな方もいらっしゃると思います。
スニーカーは良くても、パンプスとなると本当に履ける靴がなくて困っていました。
思い切ってShoePremo(シュープレモ)のオーダー会に参加して良かったです。
もちろんShoePremo(シュープレモ)だけで全ての靴がそろうわけではないのですが、もはやお守りみたいな、家族のような存在のシューズです。
色違いも、またオーダーしたいです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です