30代からのVIO医療脱毛

広告

20代の頃からずっと医療脱毛をしたかったんです。
しかし、「医療脱毛=高い」という事で、なかなか手が出なかったんですね。

それが、アルバイトから社員になった時の臨時収入により、医療脱毛行ってみよう!
となり約3年前に通い始めて今月ようやく全6回(厳密には7回)が終わりました。

医療脱毛をして本当によかった!と思っています。

脱毛についてはずっと書きたいと思っていたテーマだったので、需要があるかわからないけれど、30代以上の方の参考になればいいかなと思い、数回にわたって書いていく予定です。

興味のない方はスルーでお願いしますm(__)m

 

どうして医療脱毛なの?

20代の頃からエステに通っているし、エステの方がお手頃価格で、痛くないし気軽でいいよね。
と思う方もいるかもしれないです。
私も初めはエステ脱毛へ行ってましたが、乗り換えた理由として、エステはレーザーの出力が医療に比べて弱いため、毛根が再生されてしまい、数年後にはまた生えてくるそうです。
それに比べてクリニックは出力が強く毛乳頭までレーザーのエネルギーが届いて、確実な脱毛が出来ると言われているからです。

せっかく通ったのに、数年後に生えてきてしまうのでは困りますよね。
死ぬまで脱毛通わなきゃいけないんかい!?と突っ込みたくなりました。
厳密には白髪になったら脱毛できないですが…。

これが、医療脱毛に決めた理由です。

 

VIO脱毛とは?

私がしたVIO脱毛。
ご存知の方が多いかなと思いつつ、念のため説明しておきますね。

Vライン


Vラインはいわゆるビキニラインのことです。
ビキニラインと言われるくらいなので、水着や下着なんかを着る時に、毛がはみ出したりするのを気にされている方が多いのではないでしょうか。また、I、Oは恥ずかしくてやったことないけれど、Vラインだけはやったというのを何人かの知人が言ってましたね。

Iライン


Iラインはイラストの通り、女性器のまわりです。
ここは生理中のムレが気になったり、下着からの毛がはみ出してしまうという事で脱毛する方が多いそうです。

 

Oライン


Oラインは肛門周りです。

 

VIO脱毛をするキッカケ


私は生理中に肌がかぶれてしまうことがイヤで、脱毛したらかぶれなくなるんじゃないかと思ったのがキッカケです。
また、自己処理でも肌がかぶれてしまいどうしようもなくて泣きたいくらいでした。
お肌のかぶれから解放されたい!という気持ちが大きかったです。
脱毛する場所が場所だけに、恥ずかしいという声をよく聞きます。
私も、恥ずかしくて無理だよ~。と初めは思っていました。
しかし、友人の何人かがやっていたことや、そもそもスタッフさんも見慣れているから何とも思わないだろうという事が大きかったです。
恥ずかしいと思ってるのは、自分だけなんですよ。

介護に向けてVIO脱毛する人が増えている!?

驚くことに、30代~60代でVIO脱毛をされる方が多いとクリニックのお姉さんに聞きました。なんでも、老後、介護をしてもらうことになった時、毛がないほうが衛生的だからだそうです。これには驚きました。親の介護を経験した人が、自分が介護してもう時は迷惑をかけないようにということで脱毛するのだそう。

友人にこの話をした時、親も脱毛に通っていると言ってたので、60代でも通っているって本当だったんだ!と納得しました。
ちなみに、レーザーは黒いものに反応するので、白髪になったらレーザー脱毛ができません。
気になる方は早めに脱毛した方がいいです。

 

まずはクリニック選び


料金は安いに越したことはないです。
ただ、安すぎても不安ですよね。

友人で医療脱毛をしている子がいたら聞いたりするのも良かったのですが、思い当たらなくてネットで調べました。
口コミも見たのですが、このご時世、さくら的な書き込みもあるのですごく慎重に考えましたね。

またVIOをしたかったので部位によっても、各クリニックで範囲や価格に違いがありました。
結論から言うと、私は湘南美容外科クリニックに決めました。

長くなりましたので、今回はここまで。
次回は決めた理由を書こうと思います。

湘南美容外科クリニックわき5回1000円+無制限3400円

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です