似合うはずの色がしっくりこなかった日

広告

以前、ブログでも紹介した、試着せずに購入したきれい色のニット。
実際に着てみて、「???」と悩んでしまったのでその苦悩について書きたいと思います。

 

購入したニット


Sonny Label クールミストショートスリーブプルオーバー

このニットを購入しました。
写真ではちょっとわからないかもしれないですが、ショップで実物を見た時は、青みピンクに見えました。
これは私でも似合うかもしれない!
というか、パーソナルカラー診断を受けた時に、
ベストカラーでベビーピンク、ベビーブルーとならんで、フランボワーズをプロの方が選んでくれました。
これは、似合う色のニットを見つけたと思ってワクワクしちゃったんですね。


パーソナルカラー診断時に頂いた色見本と比較。
いい感じで似ていると思ったのですが、微妙な違いがダメだったの?

 

コーディネート

まず、初めてこのトップスを手にした時、ブーツカットを履いていたので、とりあえず着てみた感じです。
その時、めっちゃダサっ!!!って思いました。

そして、顔映りもさほど良くないし、むしろ負けている気がしました。
ベストカラーのはずなのに…です。

なんとか似合うコーデを探そうとボトムスを変えてみました。

濃い色にしたら、まだいける気がします。
ボトムスに持ってきた色によって変わるのかもと思い、ネイビーのチノワイドパンツとも合わせてみました。
写真はないのですが、まぁまぁでした。

最後に、ストレートのホワイトデニムと合わせてみて、これが1番爽やかで私は気に入りました。
もしかしたら、白っぽいボトムスがいいんですかね?
普段、こんなパキっとした色を着ないので、合わせ方が難しく感じました。

1着の服を購入するときに、着回しを考えてから購入するというのはよく言われます。
購入前に、なんにでも合うと思っていました。
しかし、今のところ、ホワイトデニムしか似合うと思えるコーデが見つからないです。

これは困った~(´゚д゚`)

おわりに

3dman_eu / Pixabay

服は似合うものがなんとなくわかってきたつもりでいましたが、まだまだですね。
そもそも、試着して購入しても、帰宅して再度着たら悩んでしまうことも度々あります。
服選びは慎重に、客観的にを心がけないといけないと改めて感じたトップスでした。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です