結局、何を着たら満足するの?ファッション書籍再読

広告

ゴールデンウィークは手持ちのファッション関係の単行本を読み返そうと思っていました。
おしゃれになりたい!と思ってブログを始めてみたものの、自分自身がさほどおしゃれになっていない事が悩みです。

そもそも、「おしゃれ」「おしゃれ」って言うけれどもね、
私にとっての「おしゃれ」ってどうなることなんだろうかとも考えていました。

服の選び方もマシになった、似合う色も知った。でもいまひとつ何かが足りない。
これは自分の気持ちによるところが大きいような気がしているんですね。

読み返した本1

Pexels / Pixabay

2冊改めて読み返して、コーデのコツなど忘れていたことを再確認できました。
骨格診断とパーソナルカラーを知っているので、それを踏まえつつできそうなことはやってみようと新鮮な気持ちになりました。普段は、街ゆく人のファッションを観察して考えていたのですが、こういった着こなしのコツのような本ってやっぱりいいです。アイテム選びは間違っていなくても、着こなしを間違えている時もありますよね。

私の場合はこうなりたいという基礎の部分がイマイチ定まっておらず困っているのですが、前向きな気持ちになることができました。

とりあえず、今はファストファッションブランドで、気軽に色々な服を試すことが出来る時代。めんどくさがらずに試着していかないとです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

骨格診断ストレート・パーソナルカラーサマーのファッションとライフスタイルについて考える35歳会社員です。 好奇心旺盛で新しい情報や気になるものはとりあえずやってみたくなる性格です。