ShoePremo(シュープレモ)幅狭オーダーパンプス

広告

先週はShoePremo(シュープレモ)の試着・オーダー会@新宿伊勢丹へ行きました。

5.5cmヒールを1足持っているのですが、今回は待望の2.5cmヒール。

私の中では限りなくペタンコに近い感覚で、普段用にいいなと狙っていたのです。

今回、職場からも比較的近かったので、チャンス!とばかりに試着・オーダー会を予約しました。

 

ShoePremo(シュープレモ)とは?

Shoe Premo(シュープレモ)

幅狭パンプスをオーダーできるショップで、

サイズは21~25.5cm、ワイズ3A~2Eの展開で左右のサイズ違いにも対応してくれます。

また、遠方の方でも自宅フィッティングを利用可能です。

事前にいくつか靴を送ってもらい、スタッフさんと電話で話しながら合うサイズを選んでいきます。

デザインもヒールやインソールの色、ストラップなどカスタマイズできるので、自分好みのパンプスを作れるのも魅力的です。

ちなみに5.5cmヒールの試着・オーダー会、届いたパンプスについてはあかりのつきに書いているので良かったらご覧くださいね。

お値段は32,400円~。

ちょっと高めではあるのですが、サイズの合うパンプスという点を考えると許容範囲です。

幅狭い方は一度、試しに作ってみるといいんじゃないかな。

ワイズが合うってこういう事なんだ!と感動しますよ。

 

2.5cmヒールの試着

ShoePremo(シュープレモ)ローヒール

ローヒールはポインテッドトゥのシンプルな形です。

5.5cmヒールの時は22.5cmワイズAを購入しました。

今回もそのサイズから試着してみると、キツイ(汗)

結果、22.5cmワイズBにワイズ調整用パッドを入れてもらうことに。

ここに至るまで、靴を見る時のポイントを説明してくださったり、

実際に歩いてみることをオススメされました。

フィッティング中、階段の上り下りもしましたよ。

確かに、靴って試着したとき大丈夫だと思っても、実際にお出かけして痛くなることありますもんね。

 

デザインを決める

シルバー×スタックヒール(ベージュ)

試着・オーダー会の前からずっと悩んでいたデザイン。

ネイビーのカーフスキンにしようと思っていたのですが、革のサンプルを見てシルバーにしました。

この頃、足元を濃い色ではなくて、軽くするのが好きだし、

パーソナルカラーサマーの私からすると、なんだかんだシルバーって使いやすいです。

ヒール部分もそのままシルバーにしても良かったのですが、

私はカジュアル感を出したいと思いスタックヒール(ベージュ)を選びました。

納期は長くて3か月後とのこと7月中旬ころには届くと思うので、

夏にこのパンプスを楽しめるといいな~♪

 

おわりに

Kaz / Pixabay

いかがでしたか?

街を歩いていると、合わないパンプスを履いている人って意外と多いです。

かかとがパカパカしていたり、幅が合っていなかったり・・・。

パンプスってそういうものだと思って履いているのかもしれないですね。

合うパンプスは驚くほど歩きやすくて、姿勢良く歩けます。

この感覚たくさんの人に知ってもらいたいな~と個人的には思っています。

届くのが楽しみです(*^^*)

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です